泥塗の百合を君に捧ぐ。

泥塗の百合を君に捧ぐ。 ヨダカパン

作品紹介

その男には、全てがなかった。
職も、金も、学歴も、恋人も。

何の目的もなく、屍のように生きる。
それが、その男の毎日だった。

そんなある日、男は偶然、彼女と出会ってしまう。
道端で肩がぶつかる、というアクシデントによって。

それは―――、
その男にとっては、この上なく幸福な出来事であり、
その少女にとっては、この上なく不幸な出来事だった。

男は、少女の美しさと可憐で優しい佇まいに
思わず目を奪われてしまった。

手を差しだし、ドギマギしながら少女を見送ると、
そこには少女の落とし物が残されていた。

少女の落とし物は、携帯電話だった。
しかも―――、ロックがかかっていない…。

魔が差したとはこのことだ。
男は、携帯電話を持ち帰り、
彼女の個人情報を興味本位で漁っていく。

徐々に浮彫になる、彼女の性格。人柄。
彼女を知れば知るほど、湧きあがってくる親近感。

気付けば、男は少女のことを、好きになっていた。

そして、男は彼女のストーカーへと、変貌していく――――…。

出典:FANZA

サンプル画像

泥塗の百合を君に捧ぐ。2

 

泥塗の百合を君に捧ぐ。3

 

泥塗の百合を君に捧ぐ。4

>>泥塗の百合を君に捧ぐ。

タイトルとURLをコピーしました